本文へスキップ

株式会社日本医化器械製作所は環境制御技術を専門とする医療機器・科学機器の専門メーカーです

TEL 06-6765-0223
FAX 06-6765-0236

〒543-0014 大阪市天王寺区玉造元町3番9号

実験動物飼育制御装置一覧Laboratory Animals

■動物個別飼育制御装置シリーズ


標準型

高機能型

バイオマルチ型


■クリーンラック CRシリーズ

 開放型

CR-1600-OP
透明アクリル扉 

CR-1550-SD
金属扉

CR-1000-HD
 クリーンユニット分離型

CR-1600S
 温湿度制御機能装備

CR-1600TH



ネガティブラック

■ネガティブラック NR-900

  • 動物飼育時の臭気の拡散防止
  • 飼育スペースは陰圧に保持。飼育棚を通過した空気は、HEPAフィルタでろ過
  • 3段、扉付きの陰圧ラック。各飼育室は小型マウスケージを上下2段に設置可能
  • 扉を取り外し、中型ケージにも対応可能



セーフティラック

■セーフティラック SRシリーズ

  • 作業者と動物の相互汚染防止
  • 給・排気にHEPAフィルタを装備
  • 3段3列:9室(SR-2200)、2段3列(SR-2200-6S)。各室は2重列で個室



陰陽圧アイソレータ

■陰陽圧アイソレータ IGB-600MP(S)

  • 緊急検査や搬送用に(キャスタ付き)
  • 陰圧と陽圧の切替型、常時クリーン環境を保持
  • 排気にはHEPAフィルタ使用。
  • グローブ付き、オプションで絞り口にも変更可能


 

プラスチィックケージ

■プラスチィックケージ

  • 耐熱性・熱安定性に優れ、132℃のオートクレーブ滅菌が約2000回可能
  • リサイクル可能、内分泌攪乱作用を有すると疑われる65の化学物質は不含
  • 豊富なサイズバリエーション


 
ネットワーク観察システム

■ネットワーク観察システム

  • OS標準ブラウザで見ることができます
  • 温度などの状況と設定状態が表示されます
  • 内部の様子が表示されます。
  • 画像とデータを同時に見ることができます。


■実験動物飼育施設

  • NKsystem実験動物飼育施設は、長年の経験で培った環境制御技術をベースに、実験動物を利用する研究者および技術者の意見やアドバイスを導入し完成したシステムです
  • 病原菌に感染していない実験用動物の飼育環境施設
  • 病原体を使用する実験動物の感染および汚染の防止を考慮した、バイオハザード対策制御施設等