本文へスキップ

株式会社日本医化器械製作所は環境制御技術を専門とする医療機器・科学機器の専門メーカーです

TEL 06-6765-0223
FAX 06-6765-0236

〒543-0014 大阪市天王寺区玉造元町3番9号

抗がん剤調製/注射薬用機器システムMIXING

■安全キャビネット

■バイオハザード対策用クラスⅡキャビネット<傾斜型> ■バイオハザード対策用クラスⅡキャビネット ■ケミカルハザードベンチ
 タイプA2  タイプB2 タイプA2 タイプB2
 
VH-1302BH-2A2
 
VH-1302BH-2B2

VH-1300BH-2A2

VH-1300BH-2B2

VH-1300BH-2A2-C
関連リンク
シオノギ分析センター株式会社



詳しくはこちら

■抗がん剤調製用カメラ遠隔鑑査システムNEW !

  • 病院薬剤部等で、安全管理を適切に遂行するため、調製者以外のスタッフが第三者的立場で、適切な薬剤等を取り揃えたか、調製が適切に行われたかなどを鑑査する画期的なシステムです。
  • 現状の抗がん剤ミキシング体制をそのまま活用する。 低価格で導入できる。   
  • カメラを用いた遠隔鑑査としたため、鑑査者が調剤室以外の部屋からでも鑑査や指導が行え、作業効率を現状のまま維持できます。



詳しくはこちら

■抗がん剤除去セット(抗癌剤を無害化・無毒化へ)

  • 抗がん剤調製後の安全キャビネット内ワークエリアの汚染を確実に除去するための「抗がん剤除去セット」です。
  • この抗がん剤除去セットは、注射剤・抗がん薬無菌調製ガイドラインの汚染除去方法に基づき、水酸化ナトリウム(0.3M)、次亜塩素酸ナトリウム(2〜6%)、チオ硫酸ナトリウム(1%)をセット化したもので、作業時に希釈する必要がなく、そのまま使用できます。


特許出願中!

詳しくはこちら
(動画による説明があります)

■抗がん剤調製トレーニングキット HUSMH(動画による説明があります) 

  • がん指導・専門薬剤師 佐藤淳也先生考案 (現 岩手医科大学付属病院薬剤部)
  • 薬学部の学生、新任薬剤師、看護師の方々が抗がん剤調製に必要な知識と技量を安全かつ安価に習得することを目的に開発致しました。
  • 抗がん剤に関する基礎知識、調製技法に加えて、実際に抗がん剤の調製が行えるキットです。
  • 病院での実務実習を受ける前、あるいは実務実習に代わるものとしてご活用下さい。
  • 模擬薬剤単品のカタログもございます。


■抗がん剤対策消耗品  ~抗悪性腫瘍薬調製用消耗品~ 

 
簡易保護キット
 
簡易スピルキット
 
スピルキット
 
保護ガウン
 
NEW ! 保護グローブ Manu N
 
保護グローブ Manu L
 
保護シート


作業用吸収シート


 
詳しくはこちら

■輸液シール KPZ-100

  • 電子線滅菌照射済。
  • 輸液バック等のゴム栓部分に接着剤が付着しない仕様です。シールのつまみ部分を引っ張ると簡単にはがすことができます。
  • KPZ-100は1袋10sheetずつ、KPZ-100-2は1袋2sheetずつ小分け包装をしています。
  • KPZ-100のチャック付袋や、KPZ-100-2の小分け用袋はバイオハザード対策用クラスⅡキャビネット内で開閉してください。


 特許取得品!

詳しくはこちら
(動画による説明があります)

■ケモクリーン(残留抗がん剤分解液)PCNシリーズ (動画による説明があります)

  • 岩手医科大学薬剤部との共同研究製品です。
  • 調製後、ケモクリーンをスプレーし、ブラックライトを12時間照射します。翌朝には、クリーニング完了です。
  • ケモクリーンによるシクロフォスファミドの分解率はほぼ80%。今までにない画期的な分解率です。
  • 1㎡当たりの塗布量は、わずか150mL程度。各作業面に軽くスプレーする程度です。低コストです。
  • 実証試験で裏打ちされた画期的クリーニング手法です


 

詳しくはこちら

■抗がん剤調製用キャビネット

  • 抗悪性腫瘍薬の調製に適した安全キャビネットです。
  • バイオハザードクラスⅡキャビネットは、キャビネット開口部のエアカーテンにより、内部の有害エアロゾルを含んだ空気が外部に流出することを遮断し、ワークエリア内にHEPAフィルタで濾過された清浄空気を供給します。
  • ケミカルハザードベンチは、バイオハザード対策用クラスⅡキャビネットに活性炭フィルタを装着したもので、より安全にケミカルハザード防止をはかる場合に効果を発揮します。
  • 抗がん剤調製キャビネットは廃棄物処理機を内蔵したキャビネットです。ご予算や条件に応じて循環タイプへのランクダウンにも対応いたします。


 

詳しくはこちら

■クリーンベンチ

  • 注射薬は、直接体内へ注入するという性質上、PHや張度が微生物の成育や増殖に適した環境であり、脂肪乳剤などは微生物の栄養源にもなります。このため、通常、分割使用される注射薬などは、微生物汚染に対する細心の注意が必要となります。
  • クリーンベンチは、局所的な作業空間をISO Class 5(旧米国連邦規格クラス100)の清浄環境に保持できる機器なので、注射薬調剤などの無菌作業を行うのに最適です。



詳しくはこちら

■パスボックス

  • パスボックスはクリーンルームへの物品の搬入、搬出時の管理用として設置します。外部からの汚染をクリーンルームに持ち込まないことを目的としております。
  • 洗浄殺菌パスボックスは蒸留水、アルコールで洗浄します。
  • 天井に殺菌灯を取り付けたものがあります。
  • 低温パスボックスは保冷貯蔵できます。
  • 無菌調剤用パスボックスは1台で3種の用途に使えます。



詳しくはこちら

■スリム型薬用保冷庫 NK-171GS

  • マイコン制御温度管理:庫内温度をサーミスタセンサーが検知し、高性能マイコン制御により設定された温度を管理します。
  • 測定孔:庫内に挿入されるケーブルや電源を通す測定孔は、密閉性が高く、省エネ性に優れています。挿入されるケーブルや電線の形状を選ばないので、使いやすく機能的です。
  • サーモレコーダ(オプション):機器の運転・保冷状態の温度履歴を記録できます。



詳しくはこちら

■パクトセーフ(廃棄物自動密封機)

  • 廃棄物の収集・密閉作業が簡単にできます。
  • 有害なエアロゾルの拡散を防止します。感染防止に役立ちます。
  • フットスイッチで操作は簡単です。
  • 廃棄物の量に応じて、ビニールチューブの長さを調整でき、無駄がありません。
  • バイオハザード対策用キャビネットやケミカルハザードベンチを使用する作業の安全に役立ちます。



詳しくはこちら

■エアシャワー

  • 入室するとジェットエアが吹出します。
  • 天井部からのクリーンエアと前面ノズルからのジェットエアにより入室中のジェットエア吹出し時間を設定(2~60秒)できます。
  • S型は片面タイプです。両面タイプのW型もあります。



詳しくはこちら

■医療用壁掛式殺菌水手洗装置 MSUⅡ-K

  • 新たな医療用手洗い水のニーズに対応



詳しくはこちら

■滅菌タオル用ホルダー NM-100

  • 取出し口のドアがスライドシャッター方式なので、従来の電動型タオルホルダーに比べ、外気の取り込みが少なく、汚染の機会が減らせます。
  • 本体にあまり手を触れることなく、タオルが簡単に取り出せます。
  • スタンドの他、壁掛けや手洗い装置に組込めます。



詳しくはこちら

■殺菌線ロッカー NKPR-815B

  • 無塵衣を保管するロッカーです。
  • 全面ステンレス製です。



詳しくはこちら

■スリッパ殺菌ディスペンサー

  • ボックス内に収容されている間中、紫外線殺菌灯で殺菌されています。
  • 紫外線がスリッパの裏側、内側とも均一に殺菌します。
  • しゃがんだり、手を伸ばしてスリッパを取る必要がありません。



詳しくはこちら

■注射薬カート

  • 一日分の注射薬をまとめてセットすることや、1処方ごとにセットできます。
  • セットされた引き出しは持ち運びに便利で積み重ねることが可能です。
  • 両側に引き出しがついています。
  • 輸血ハンガー装備




■抗悪性腫瘍薬調製室を設けた無菌調製室の施工例

  • 使用目的に応じた温度、清浄度、室圧の設定管理ができます。
  • 機器は作業手順や業務運営方法も考慮に入れて配置します。
  • パスボックス、エアシャワー、エアロック室などを管理レベルに応じて設定します。
  • 内装表面を清潔に保つため、微生物、細菌等に対する殺菌作用を持つ特殊塗料を使用しています。
  • 高機能パソコン制御からマイコン液晶ディスプレイまで情報監視システムに対応可能です。